ハンドルまわり、定番のカスタム

装着後 BROMPTON S6L
装着後

1年点検も終わって、不満がないわけじゃ無いですがかなり満足感の高い買い物をしたと思っています。

自転車が趣味な人にしてみたら驚くほどの値段では無いですが、一般的に言ったら普通は理解されにくい高価な自転車ですが、自分には全く高い買い物ではなかったようです。

1年乗ってまずへたってきたハンドルグリップの交換をしてみました。その他少々手を入れました。

グリップ
へたったグリップ

今回交換したり、追加したもの。

ERGON GP1-L
ERGON GP1-L

グリップは定番のERGON GP1-L

元々1番気になっているハンドル関係。

折りたたみ性能をメインに考えると純正ハンドルバーという選択になるのはわかるのですが、ポジションがしっくりこないのをなんとかしたくハンドルバー探したんですが径が合わなかったり、バックスイープ多めに取ると畳んだ時にでっぱるし、サイズ考えて大した量しかバックスイープ取れていないもの選んでもポジション変わらなそうなのでERGON GP1-Lでとりあえずお茶を濁しました。

BROMPTON JUNCTION TOKYOの店長金子さんもERGONに交換した人の不満は聞いたことがないとのことで交換決定です。

TOGS THUMBGRIPS
ついでにつけたサムグリップ

グリップ変えたのでついでにもう少し何かしてみようかと思い、サムグリップつけてみました。

ツノ状の出っ張りに親指引っ掛けてハンドルバー握らず乗せるようにしてもそこそこハンドルをホールドできるようにするアイテムでERGON GP1の幅の広いグリップに合わせたらいい塩梅になると。

エンドバーのちっさいのがグリップの内側についた感じ。少しでもポジション増やせたらと思い採用しました。エンドバーでもいいかもしれませんがブレーキがすぐ握れないのは絶対に嫌なのでエンドバーはなしです、同様の理由でPハンドルもないです。

セッティングが未だ決まらず十分使いこなしてないです、ブレーキレバーとこれの取り付けねじが干渉しないように角度いじってますがもう一歩です、どんな感じかはまた写真あげます。

ミラー
Hafny バーエンドミラー

グリップエンドに穴開けるのが嫌だったのでBROMPUTON買ってすぐ購入したんですが付けていなかったのをグリップ交換を機に装着することにしました。

装着後
装着後

装着後のハンドルまわりです。

ERGON GP1-Lはいいです、Lにしたのでグリップが太く荷重が一点に集中しずらく快適で平たいところに手のひらを乗せると痛みもなく2時間くらいは十分平気です、それ以上は交換してからまだ連続で乗っていないので楽しみです。

サムグリップはまだよくわかりません、もう少しセッティング詰めたいと思います、その前に外す可能性もなきにしもあらずですが。

ミラーはハンドルバーの下にくるためかなり目線の移動が大きくなります、前方がクリアなときしか使えないですがないよりずっといいです、ブルーミラーですが不都合ないです、よく見えます。

ハンドル幅がほとんど広がらないのと邪魔にならないのはいいです。目線の移動はしょうがないですねMハンドルならもう少しマシだったかもしれません、Sハンドルだとかなり下に来ますし、そもそもシート高も結構あげていて顔の位置も前にいくので尚更目線移動大きくなります。

畳んだ状態1
畳んだ状態1
畳んだ状態2
畳んだ状態2

少しグリップとミラーが出っ張ります。

グリップはいいんですよ、多少当たっても問題ないんですがミラーは当たると向きが変わって全然関係ない方向映すこともありました、乗ったら調整すればいいだけなのですが意外と持って歩くときに気になりますね、こうしてみるとBROMPTONって折りたたみ性能に関しては完璧なのかと思います、少し手を入れただけなのですが機になるところが出てきてしまったりとか。

もう少しこの状態で乗っていきたいと思います、次はタイヤの交換かな、それとも真冬に備えて防寒(特に耳)をどうにかしますか。

コメント