覗くと幸せになれる双眼鏡(あまり理解されませんが)

物欲

双眼鏡

小学生の頃、カートンのズーム(最大20倍だったと思う)双眼鏡を買ってもらって愛用していました。ポロ型で対物50mmくらいあったと記憶しています、まぁ小中学生の記憶なので定かではないですがなんの不満も問題も感じず使っていました。

写真を撮るようになったり、星に興味が出たり(一応天文気象部)すると光学関係にも興味が出てきて、双眼鏡、望遠鏡もいろいろ調べるようになりました。望遠鏡も小学生の頃兄と共用でkenkoの対物50mmの屈折式経緯台で土星とか太陽とか見たりして。高校の頃星雲等の写真も撮りたかったのでライトシュミット(今はなき日本特殊光学製)の赤道儀でちょこちょこっと撮影してました。生活環境が変わり一人暮らしを始めたり居住地も変わり夜空も明るいところに来て(そもそもボロアパートに望遠鏡は持ってこなかった)空を見ることも少なくなり一時は全くこの界隈から離れていました。

就職して金銭的に余裕が出てくるとまた写真でも撮ろうかとキヤノンのEOS5買って写真撮影を再開しました、観望や星空の撮影も再開するかと思ったこともあったのですが夜空が明るいところなのでそこそこ大きな望遠鏡買っても車も持ってないし殆ど使わないだろうということで望遠鏡は興味の対象から外れていきました。今はデジカメの高感度性能もかなり良いみたいなのでポタ赤と合わせて復帰してもいいかもしれませんね。

そうは言っても星空を見るのは大好きなので手軽に使える双眼鏡でも本当に思いつきで買ってみました。ということであまり考えずにとりあえず対物口径50mmでしょ、とか今なら多分選ばない機種買いました。

仮画像

星空見るには購入可能な中でベストではないですが(ダハプリズムで10X50なので)なかなか楽しませてもらいました、それまで真剣に双眼鏡で観望していなかったので知らなかったのですが手持ちで木星のガリレオ衛星が見えた時にはかなり感動しました、そうなるともっとよく見たいとか元々光学系が好きなこともあって色々調べることになります、フジノン7X50 FMT-SXかニコン7X50SPのどっちがいいとか、10X70がいいとか考えたのですがいい値段がするのと結構大きいのでスポーツ観戦(主にサッカー、ラグビー)やライブなど普段使い?にはちょっと厳しいと思い手が出ませんでした。双眼鏡のことを調べたりしてコンパクトなものでもいいものがあれば欲しいなとか物欲が刺激されちょこちょこ買うことになっていくのでした。

所有している双眼鏡(手元にあるもの)これから写真撮って上げていきます。

コメント